実力派の薬|妊活サプリを摂取して健康な赤ちゃんをその手に抱こう

不妊漢方薬を処方してもらう方法を一挙大公開

最後の望みをかけて

不妊は年齢に関係なく、誰が経験してもおかしくはないことなので、妊娠に至らないのであれば専門のクリニックや薬局に赴いてみるのもいいでしょう。そして、専門店に行くなら注目しておくべきポイントが3つあるので、しっかり押さえておくべきです。

店舗の探し方ランキング

no.1

駅近がベスト

高額な漢方薬なので、駅が近い店舗にしておくとすぐに買いに行ったり、相談をしたりすることが可能になっています。そして、店舗に分かりやすい目印があれば間を開けていても場所を忘れることがないため、この条件が1位となっています。

no.2

丁寧な受け答え

不妊で悩んでいる方は心身ともに疲れ切っている場合があり、最後の望みとして薬局に行くの方が多いので、冷たくあしらわれると気が滅入ってしまいます。ですので、電話やカウンセリング時の対応を見て決定するという意見が2位に浮上しています。

no.3

土日も開いている

現代では結婚していたとしても、夫婦共働きの場合が多いので、好きな時に休暇を取ることもままなりません。しかし、土曜日や日曜日もオープンしていれば、わざわざ仕事を休まなくても通うことができるので、3位に入っています。

実力派の薬

漢方

健康保険が適用されない

不妊治療は今のところ自由治療となっているので、健康保険が適用されません。そのため、月々2万円から3万円前後かかってしまうことがあります。しかし、効果のほどは立証されているので、金銭的に余裕があるなら試してみるといいでしょう。また、福山市で処方してもらうためには、不妊漢方を扱っている専門店に予約をしなくてはなりません。

流れ

まずはスケジュールで薬局に行ける日を予め決めてから、福山市の店舗に電話やメールをするといいでしょう。そして、予定した日時に行くとカウンセリング室に通され様々な質問をされるので、できる限り細かく伝えるべきです。カウンセリングが終了し、薬剤師が不妊漢方薬の調合や金額を決めてくれるので、それに納得できれば購入するといいでしょう。また、キャンセルをすることも可能になっています。

広告募集中